« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月31日 (金)

ここ数日のわんこたち

ここ数日集まった、通りすがりのわんこを公開。

Dscn1667
ぼくは紀州犬の子犬なんだ。まっしろだよ。
おひざが好きな甘えん坊なんだ。

Dscn1674
あたしはロングな毛のチワワと
短毛との掛け合わせ。
やっぱり、おひざの上がすきなの。

 


Nec_0013
フンガー!
でっかくてもやさしい僕です。

Nec_0014
横から見た絵。フワフワです。

2006年3月28日 (火)

目黒川の桜、見頃

天気のよい今日は、お友達とランチのお約束。
目黒川沿いは、ちょうど美しい桜が見頃だ。
Dscn1664
ここ数日でいきなり咲いてきた。今週末までもつかな。


Dscn1699
夜は、また違った表情を出す桜。

昼の桜、夜の桜・・・どちらが好き?


2006年3月27日 (月)

花々の咲く頃

DSCN1660

週末仕事で、麻布へ。
ちょっと入ると静かな住宅地が広がっている。
春は桜もきれいだけど、土手に咲く草花だって負けてない。

2006年3月21日 (火)

春の歌

DSCN1508

春の歌 愛も希望もつくりはじめる

遮るな 何処までも続くこの道を
作 草野正宗 スピッツ「春の歌」より

になるとなぜかスピッツが聞きたくなる。
切ない歌詞と風のようなメロディー
この季節にぴったりくるんだ。

出会いと別れ
学校に通う頃から社会に出るまで
幾度となく訪れた春の卒業式
何年たっても全身に染みついていて離れない。

寒い冬が終わり、開放的になる春は
わくわくと嬉しさが増す一方で
春の風が吹くと、どこか切ない気持ちがこみ上げてくるのである。


スーベニア

2006年3月18日 (土)

熊野古道

世界遺産に登録された熊野古道へは
いつか行ってみたいと思っていた。

熊野詣では紀伊半島南部にある、
熊野三山(熊野本宮大社、熊野那智大社、熊野速玉大社)を
参詣することで、平安時代中期の貴族や皇族の御幸から始まった。
やがて武士や大衆に至るまで
多くの人たちが熊野詣でをするようになり、
ぞろぞろと列をなして巡礼することから、
蟻の熊野詣(ありのくまのもうで)」と呼ばれた。

DSCN1121
これは有名な大門坂
雑誌などでよく見る石段だ。

今のような交通機関はないから、
何ヶ月もかけて険しい山々を聖地へ向かってひたすら歩くのである。

DSCN1129
樹齢800年と言われる「夫婦杉」に圧倒される。

DSCN1134
こちらも樹齢800年。もののけ姫の世界だ。
あちこちからカラカラと音を立てながら「ことだま」が出てきそう。

DSCN1125

ん? 占いの館ですか? 

2006年3月17日 (金)

橋杭岩 はしぐいいわ

DSCN1256

途方もない時間を経て、つくられる奇岩。
早朝や夕暮れには、プロ・アマ問わずカメラマンが集結する。


@和歌山県 串本町

2006年3月16日 (木)

月光浴

DSCN1612

今日は満月。
ベランダから見上げると
ちょうど目の前に浮かんでくれていたので、
デジカメで撮ってみました。

東京にいると、つい夜空を見上げることを忘れてしまうんだけど、
私たちのずっと上の方には、
ちゃんと月や星が見守ってくれているのだ。

そういえば、以前プラネタリウムを取材したことがある。
池袋サンシャインにある、
サンシャイン スターライトドーム「満天」

ここでは季節や時間によっていろんな番組を上映していて、
星ばかりでなく、月光や、オーロラなどのプログラムもある。

椅子に腰掛けて、ぼけーっと空の映像を眺めていると
自分も大宇宙に浮かんでる小さな生命体なんだ、
ということに気づく。


ふわりふわり・・・

自分はどこから来てどこに向かっているんだろう。


宇宙に思いをはせる、今日この頃でした。

2006年3月15日 (水)

オーラな人

ある女性誌の仕事でのできごと・・・。

ライティングではなく、編集の仕事である。
異業種の人はライターと編集の違いは
少々わかりにくいかもしれない。

簡単に言えば、ライターは文章随筆
編集は、誌面を作るにあたって
ライターは誰にお願いするとか、カメラマンはどうするとか、
キャスティングなどを考えるディレクターである。

この日の取材はタレントのインタビューで、
インタビューアーは、女性のコラムニストである。

私は終始、心臓がバクバクして落ち着かなかった。
初めてあったコラムニストのオーラがとにかく凄いのである。

スラリとした長身で、美人、ファッションセンスも抜群。
頭もよさそう・・・。
彼女は、まったく私の事なんて眼中にはないんだけど、
私の両手には汗がにじんてくる。

インタビューが始まる。
私はタレントの方はどうでもよくなって、
彼女のインタビューの仕方をじっと見入ってしまった。
彼女はその繊細な指で、テレコをさりげなく置き、
ノートを片手に持っているんだけど、メモはほとんど取らない。
じっと相手を見つめて話を聞き出すのである。

 

「美人な方にインタビューされるなんて、
ドキドキしちゃうなあ・・・ハハ」

その若い男性タレントは逆にタジタジ・・・という感じであった。

 

しかし、私は見つけてしまった。

彼女のノートは、ピンクの子供用自由帳

jiyuu_loveandberry

こんなラブリーノート。
なんてったって、オシャレ魔女「ラブ&ベリー」と書いてある。

え? これを仕事用で使ってんの? あんた?

・・・・。

今度はそのノートが気になって仕方がない。

その間にも、2人の間ではまじめなインタビューが行われている。

彼女はその容姿で、何を使おうが許されてしまうのかもしれない。


2006年3月14日 (火)

合掌まんじゅう

DSCN1610

白川郷にちなんだ
お饅頭。合掌饅頭。

白い皮を雪に見立ててるんだろう。
かたちはいびつだけど、手作り感漂う。

味は特別にうまいってわけじゃないけど、
そぼくでいいと思う。

【高さ】1.5〜2cm
【厚さ】0.2〜0.3cm
【直径】5cm

(株)飛騨あずさ

白川郷

DSCN1533

白川郷は、四季を通して美しいが、
真っ白な冬が一番白川郷らしい。

DSCN1541
静かな山間の部落は、
世界文化遺産となった今、
観光地としてにぎやかになってしまった。

DSCN1553
合掌造りの民宿。
いつか泊まってみたい。


@岐阜県 白川郷

2006年3月11日 (土)

飛騨高山のうまいもん

DSCN1437
飛騨に行ったら、やっぱり飛騨牛です。
朴の葉の上に牛を乗せて、甘辛い朴葉みそに絡めてあぶります。
だんだん焦げてくる味噌の香りもたまりません。

jibiru
そして「飛騨高山麦酒」をグイッと。
地ビールって大抵まずいんだけど、
これは格別にうまかった!
やっぱり水がおいしいという証拠だろう。

@岐阜県高山市

2006年3月10日 (金)

はじめての確定申告

出版社を辞めて、今年で3年目。
フリーランスとしてはまだまだ新米だ。

自由業になるというのは
ほんとにリスキーな選択なんだ、と気づいたのは辞めてから。

「今の時代、会社員だってどうなるか分からないんだよ」
なんていうけど、
そうはいってもやっぱり守られているなと感じる。

だまっていても、毎月同じ日に同じ金額が振り込まれるなんて
今の私には夢のような話である。

ってなわけで、サラリーマンに対するウラヤマシさが倍増する
確定申告の季節がやってきた。
私のような個人事業主は、自分で申告しなければ、
ギャラから余計に払ってる税金が返ってこない。

去年の春はよく分からなかったということもあって結局サボル。
今年もま、いいか・・・と思っていたのに、
3月に入りいきなり気が変わり、
数日間、本やネットで確定申告について調べ始める。


金を取り戻せー!(フンガー!)

と、数日鼻息が荒かったわけだが、いざ所轄の税務署へたどり着くと
なんだかドキドキして伏し目がちになる。
(不正はしてないよ(・.・;) )

今年は「白色」で申告したので、面倒な経費計算も、
なんとなくトータルだけ出せばよい。
税理士さんもあちこちで待機してるので、親切に教えてくれる。

来年は控除額が大きい「青色」でやりたいんだけど
それは事前に伝えなければならない。
その旨をつたえようと、おばさん2人のいる、青色申告コーナーへ。
「ご職業は何ですか?」
文筆業です」
「あらまー、文筆業ですって!」(となぜか喜ぶ2人)
「何に書いてるの?もうかるでしょう?フフ」
「あ、いえ全然もうかりません。主に雑誌を・・・」
「まー、なんて名前?本名じゃないのね」
「ええ、えっとーこう書きます」(めんどくさいので名刺を差し出す)
「へー、珍しい名前。頑張ってヒットだしなさいよー!」
「あ、はい。ありがとうございます」
「がんばってねー!」

とてもおしゃべりなおばさん2人だった。
税理士さんというより、青色申告会の方なのかな。
でもちょっとやる気が出てきた。
おばさん、ありがとう。。。

こちらは数日お世話になった、
日本一わかりやすい フリーのための確定申告ガイド」。
はにわさんというライターと税理士さんの監修で書いてるんだけど、
同業者だけあって、私にとってほんとに分かりやすくて重宝した。
この人は漫画も書ける方で、
ハニワーな、はにわさんの挿絵を見ながら楽しく読める。
(ユーモラスなハニワがいっぱい出てくるのだ)

書店を探しても、結構品切れのところが多かったから、
きっと売れてるんだろう。

いいなあ、印税収入・・・。(と、余計なところが気になる)

私もがんばらなくては! ハッ!!

そう意気込んだ、2006年の春でした。

 

2006年3月 9日 (木)

雪見温泉とラフテー

DSCN1359
雪を見ながらのお風呂は、寒いけどいいもんだ。

DSCN1367
あ、あそこにラフテーが・・・!



raff
ちなみにこちらが本物。

 

@岩手県 湯田温泉 「対滝閣

2006年3月 8日 (水)

古時計のたくさんある店

nec_0001
古時計がいっぱ〜い。
時計屋さんじゃないよ。

NEC_0002
メニュー表の横にも古時計・・・。
ここはどこ?

NEC_0003
「古時計マック」なんていう看板まで作っちゃった!
こんなマクドナルドはアリなんでしょうか・・・?
存在するってことはありなんだよね、きっと。

@岐阜県高山市

2006年3月 5日 (日)

鉄子になる日

始発の電車を撮影しに、
カメラマンと早起きして旅館から繰りだした。

太陽が出ないうちは、幻想的な雪の世界が広がるー。

DSCN1351
電車、まだかなぁ。さ、寒い! ブルブル・・・。

DSCN1352
あ! 来た!!

緊張の中に、カメラマンのシャッター音が鳴り響く。


@岩手県 湯田温泉郷 北上線

2006年3月 4日 (土)

カタログ本が!ご当地キティ

最近凝っている「ご当地キティ」だけど、
昨日本屋に行ったら、なんと全国各地で販売している(された)
ご当地キティのカタログ本が売っていた。

kity

「おお!これは買わねば!」
と思ってパラパラめくっては見ましたが
ちょっと写真がよろしくない。
解像度の低いデジカメで撮って、印刷所で処理しないで出しちゃった!
というクオリティの低さだ。

一応、出版業界に携わる私としては
どうもお金を払う気になれずそのまま棚に返してしまった。

発行は講●社なのに・・・。どうしたの?って感じ。

単なるカタログとして見る分にはいいのかもしれない。
そういえば「完全カタログ・・・」だしね。

ほっとゆだ

DSCN1389
温泉付き駅舎、ほっとゆだ。
おばあちゃん、転ばないように・・・。


DSCN1393
hotしてほっとする・・・ほっとゆだ駅。

DSCN1305
足にいっぱい雪を付けて、列車は走り出すのを待っている。

DSCN1315
トンネルへ突入。レールが雪で見えないよ。

それでも列車は、今日も人を乗せて雪の上を走る。

@岩手県 北上線

2006年3月 2日 (木)

「でびっと」みそラーメン

雨寒な今夜は、ラーメンであったまろう。

NEC_0007
「でびっと」中延店の季節のラーメン(みそラーメン)。

コクがあっておいしいんだけど、
少々しょっぱい。

雪の生活

観光で行けば雪は美しい風物だけれど、
雪国の人々は、毎日が大変だ。

DSCN1383
買い物へ行くにも大変。

DSCN1358

学校への通学路も毎日雪一色。


 

@岩手県 湯田町

イベントなどの最新情報

  • Facebook

【Contact】各種イベントのエントリーやお仕事のご依頼等はこちら

  • ◎数日経っても返事が届かない場合は、入力したメールアドレスが間違っているか迷惑メールBOXに入っている可能性があります。ご確認ください。 ◎◎スマホや携帯からご連絡くださる場合⇒迷惑メール対策によるPCからの受信拒否を設定されている場合は、届かないことがあります。設定されている方は、設定されていることをお伝えください。PCからではなくスマホからご返信差し上げます。