« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月23日 (金)

飛行機の旅

Dscn2134
最近、月に1、2度は飛行機のお世話になるようになった。
私はずっと飛行機恐怖症で、
特に離陸時は、頭の中がパニックになってしまうほど
だったけど、
ここのところ、ようやく落ち着いてきた。

そして、窓際に座った時には写真をとる余裕も出てきた。

空の上って、こんなにきれいだったのね。

2006年6月17日 (土)

南阿蘇鉄道の旅④

Dscn2086
のどかな草千里が原の風景。
とても「阿蘇」っぽい自然が広がります。

Nec_0010
こちらは阿蘇山頂の火口です。
世界一のカルデラ火山なんだって。
あの美しいグリーンは
硫黄の色だそう。


そうそう、泊まったお宿は「地獄温泉 清風荘


Dscn2057
これが有名な「泥湯」(すずめの湯)。
底から温泉が沸いて出てくる、自然自噴の湯で、
全国でも大変珍しい。
効能が身体に浸透しやすいため、万病に効くと
古来から湯治として利用されてきました。

Nec_0007_2
そしてね、大満足したのが朝食です!
阿蘇で採れる山菜のビュッフェなんですが
またこれがおいしいの、なんのって!

「日本人にうまれてよかった」と朝から感謝することが出来ました。

Dscn2093
そしてまた、「食」に感動!
こちらは「高森田楽保存会」の〝高森田楽コース〟です。
こんにゃく、ヤマメ、豆腐、鶴の子芋に、
特製の自家製味噌をたっぷり塗り、炭火でじっくり焼いていきます。
都会では味わえない雰囲気とおいしさ。

高原の澄んだ空気とおいしい水や食べ物に
大満足した、阿蘇の旅でした。

2006年6月10日 (土)

南阿蘇鉄道の旅③

凄い勢いで滝壺に流れるのは
その名も「鮎返しの滝」。

Dscn2016

Dscn2028
「日本名水100選」にも選ばれた「白川源水」。
神社の境内にあります。

Dscn2023
毎分約60トンの湧き水が、こんこんと
地底から湧いています。
沸かさないで飲めるほど清らかな水。

南阿蘇は、おいしい水が所々から湧き出ている土地。
作物がおいしく育つ理由のひとつです。

2006年6月 7日 (水)

南阿蘇鉄道の旅②

Dscn2000
お! やっと来ました。トロッコ列車。
この一瞬の撮影のために、
私たち撮影隊は待ちつづけるのです・・・。

Dscn2013
この「おおはし」は、本当に大きな橋です。

Dscn2011
ほら・・・目がくらくらします。

Dscn2007
近くには公園が。甘い香りがそこら中に充満しています。
これはジャスミンの花?

Dscn2005
この花の咲いた木には、とても沢山、
珍しい蝶がヒラヒラ飛んでいました。
エメラルドグリーンが発光してるような、
美しい羽です。

2006年6月 3日 (土)

南阿蘇鉄道の旅①

Dscn1971

初夏の熊本は、阿蘇に行ってきました。
まず、南阿蘇鉄道のトロッコ列車に乗って、
60分の旅を満喫〜。

Dscn1967

窓がないので、風は気持ちがいいのですが、
深い渓谷にドキドキ!

Dscn1969

目がくらくら・・・・。

 

Dscn1985

駅弁も、阿蘇の自然の恵みがいっぱい!
ぺろりと全部平らげました。

Dscn1992

田園風景がパノラマに広がる、
南阿蘇水の生まれる里白水高原」駅。(ながっ!)
つい最近までは日本一長い駅名でした。


イベントなどの最新情報

  • Facebook

【Contact】各種イベントのエントリーやお仕事のご依頼等はこちら

  • ◎数日経っても返事が届かない場合は、入力したメールアドレスが間違っているか迷惑メールBOXに入っている可能性があります。ご確認ください。 ◎◎スマホや携帯からご連絡くださる場合⇒迷惑メール対策によるPCからの受信拒否を設定されている場合は、届かないことがあります。設定されている方は、設定されていることをお伝えください。PCからではなくスマホからご返信差し上げます。