« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

愛宕神社

ふらりパワースポットへ。

Dscn8927

いきなり、〝出世の石段〟の看板がでてきて
びっくりですが、こちら石段で有名な愛宕神社。

東京23区の自然に出来た山としては、一番高い愛宕山にある
愛宕神社(あたごじんじゃ)。
今は、ビルに囲まれて見る影もありませんが、
かつては海を一望できたそうです。

Dscn8928

そんなわけで〝出世の階段〟を登ります!
上の鳥居から神々しい光が差してますね。
あの光を目指して、86段、がんばって登ろう。

Dscn8929

上から見た図。傾斜40度、都会ではあまり味わえない階段かも。
ツレは「クラクラする……」と言ってたけど
なぜか私は平気でした。
先週、山登りで大分高いところまで登ったし、
急な岩々をたくさん上ったからしたからかもしれません(?)fuji

Dscn8933

参拝します〜。

Dscn8932

池には厳島神社からいらした弁天様が祀られています。
一帯、とても〝気〟が流れている神社でした。

愛宕神社は、秋葉神社と並び、
火伏せ(防災)の神様として信仰されている神社で
こちらの愛宕神社は、徳川家康の命によって建てられたそうです。
総本社は、京都の愛宕神社。

ご祭神は、火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)。
伊邪那美命(いざなみのみこと)から生まれた、火の神様です。
※伊邪那美命は天照大神のママでもあります。

神仏分離令の出された明治以前の、
神仏習合の時代には、
「将軍地蔵」を本地仏としていたので、
戦後時代以降は、勝利に導く神様として
厚い信仰を集めました。

そんなわけで、出世したい人や
お仕事で成功したい人はぜひー!

2012年4月28日 (土)

東京ゲートブリッジ〜Tokyo Gate Bridge〜

2012年のGW、いかがお過ごしでしょうか。

序盤は晴れるとのことで、
開通したばかりの東京ゲートブリッジを通ってきました。
(by motorbike)

Dscn8913

見晴らしのいいところへ移動……。
不思議なかたちです。

二頭の龍が向き合っていると言われてますけれども
そう言われてみれば……ふむふむ。eye

今年は辰年だし、龍にあやかりましょうー。
次回は、夜のライトアップがみてみたいな。

それにしても、水辺はやっぱり癒されるぅ。

Dscn8916

みなさん、ゲートブリッジを背景に、
ご家族で釣りを楽しんでたりします。
何が釣れるのかなっ。fish

Dscn8921

岩場で子どものように遊んでいると、
にゃんこが寝ていました……(笑)

岩と同化してて、びっくりしたよっ。cat

2012年4月10日 (火)

東京のさくら

さくら咲く、東京。

Dscn9131

ご近所でとった桜。ふんわり。
人も少ないので、気負わずのびのびと咲いている感じ。


Dscn9143

こちらは目黒川に行ったときの。
左右から競い合うように伸びてますね。
これでもか〜という感じで、豪快です!

Dscn9161

もう、エネルギーが幹からも爆発しちゃってます!!

Dscn9193

桜にも、場所によって、個性があるなと思いました。

どの桜もきれいです。


2012年4月 3日 (火)

元伊勢この神社へ〜若狭の旅〜

中山寺と松尾寺で、時間をとってしまった私たち。

急がねば日が暮れてしまう……!!

次に向かったのは、京丹後にある元伊勢この神社です。

舞鶴若狭自動車道を使って飛ばしたとはいえ、
遠かった……。
(65.5Kmもあった。汗)

Dscn8996

元伊勢籠神社、到着!

天照大神と豊受大神が伊勢神宮にお祀りされる前、
神々はこちらにいらしたそうです。
創建は、神代という遙か昔。はっきりしないくらい古いのですよ!

恐るべし、日本の歴史〜!eye


Dscn8999

お目当ては、実は奥宮の真名井神社です。


Dscn9001

狛犬ならぬ、狛龍……?
ドラゴンボールを握っております!!

Dscn9007

階段を上ると……見えてきました。
雨は降ってましたが、
上から光が差し込み、非常に神々しいです。
ここまでたどり着けたことに感謝!

Dscn9010

社殿の後ろには、磐座が。
天照大神がやどっているという岩です。
こちらも神々しい!!


木々に囲まれ、静かに鎮座する真名井神社。
シャワーのように、天上から〝気〟が注がれているような感じがしました。



ほとんど休憩もせず、車で元伊勢までつっぱしってきたのですが
あまりに素敵な空間すぎて、疲れも吹き飛びました〜。

2012年4月 2日 (月)

松尾寺〜若狭の旅〜

Dscn8991

次に向かったのは、真言宗醍醐派の「松尾寺」。
西第二十九番札所です。

Dscn8984

本堂は1730年に修復されたそうです。
歴史を感じさせる本堂ですね……。

ご本尊は、馬頭観世音菩薩。
馬頭観音は全国にありますが、憤怒の相をした観音菩薩で
江戸時代には、馬の供養と結びついて信仰されたんだそうです。

Dscn8975

そんなわけでお馬さん……。まだ雪が残っています。

Dscn8983

かわいらしいお地蔵さんもいらっしゃいました。

実は、こちらのお寺、
あの鎌倉の仏師、快慶作と言われる
阿弥陀如来坐像が置かれています。

運慶と違い、
快慶が作ったと分かる作品は非常に珍しいです。
あまりお見かけできませんので
松尾寺によった際は、ぜひご覧下さい〜♪

つづく……

2012年4月 1日 (日)

秘仏を見に中山寺へ 〜若狭の旅〜

つづきです。

敦賀からレンタカーを借りて、
若狭の「中山寺」に到着!

青葉山の中腹まで登るので、車は必須です。

Dscn8967

わ……雨が強くなってきました!

こちらのお寺、白州次郎さんの妻である
白州正子さんの愛したお寺としても有名で、
秘仏が安置されております。

創建は、736年。
鎌倉時代末期に建設された本堂に安置されてる
馬頭観音坐像がご本尊なのですが、
こちら秘仏でして、なんと33年に1度しか、ご開帳されないとのことeye

秘仏なのでお写真は撮れませんでした。

なのでパンフレットを……

Dscn9138

観音さまなのに、憤怒の形相をしております。

座高78.3cmの檜奇木作りだそうです。

実際に見ると、意外に小さかった!

秘仏なので、同じ年代の仏像よりも

非常に状態がいいらしいです。

2012年5月まで見られるとのことなので、
ご興味のあるかたは、ぜひ!!

北陸三十三カ所観音霊場、第一番です。

「中山寺」

http://nakayamadera.jp/

つづく……

イベントなどの最新情報

  • Facebook

【Contact】各種イベントのエントリーやお仕事のご依頼等はこちら

  • ◎数日経っても返事が届かない場合は、入力したメールアドレスが間違っているか迷惑メールBOXに入っている可能性があります。ご確認ください。 ◎◎スマホや携帯からご連絡くださる場合⇒迷惑メール対策によるPCからの受信拒否を設定されている場合は、届かないことがあります。設定されている方は、設定されていることをお伝えください。PCからではなくスマホからご返信差し上げます。