« 台湾の雑誌から取材を受けた | トップページ | 満月瞑想をやってみる »

2014年6月10日 (火)

滝と瞑想。滝には打たれません

先日、滝大好き人間であり、友人の
某出版社・編集者のSさんに誘われ、
女子数人で、滝ツアーをしてきました〜。

ます最初に向かったのは、熊久保朝日滝。
とても整備されている、こじんまりとした滝です。

Dsc_3047

よじ登ってるのは、私たち。

Dsc_3049

かなり近くまで接近することができるんです。

30分ほど、ぼーっと鑑賞して…次に向かったのは、

Dsc_3062

音止めの滝&白糸の滝。
国の天然記念物に指定、日本の滝百選にも選ばれています。

Dsc_3061

こちらが「音止めの滝」。源頼朝、ゆかりの滝なんだとか。
台に乗って、フェンスごしに眺める感じ。落差25m。
近くの白糸の滝がスゴすぎるので、少々注目されにくい滝ではありますが
見る価値アリです。

Dsc_3067

じゃーん! 本日のハイライトflair 白糸の滝。
幅200m、高さ20m。富士山の雪解け水が溶岩断層から湧き出しています〜。
圧倒的な存在感!!

Dsc_3077

滝の近くまで行けるので、瞑想をしてみました。
滝の水しぶきとマイナスイオン、新緑の甘い香り…。

フルに五感を研ぎ澄ませて感じてみます。

きもちい〜♡ 

大自然に包まれる瞑想、オススメです!

Dsc_3080

エメラルドグリーンの滝壺。癒やされます〜。

※ちなみに、「滝の近くで瞑想」と話すと
よく「滝に打たれるの?」と聞かれるのですが、打たれません!(笑)

滝は、思っているよりも水圧が強く、非常に水が冷たく、低体温になる可能性も。
修行僧ではない一般の素人は、非常に危険なので
遊び半分ではぜったいにやらないでね!!

よい子のお願いでした。

« 台湾の雑誌から取材を受けた | トップページ | 満月瞑想をやってみる »

坐禅瞑想」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾の雑誌から取材を受けた | トップページ | 満月瞑想をやってみる »

イベントなどの最新情報

  • Facebook

【Contact】各種イベントのエントリーやお仕事のご依頼等はこちら

  • ◎数日経っても返事が届かない場合は、入力したメールアドレスが間違っているか迷惑メールBOXに入っている可能性があります。ご確認ください。 ◎◎スマホや携帯からご連絡くださる場合⇒迷惑メール対策によるPCからの受信拒否を設定されている場合は、届かないことがあります。設定されている方は、設定されていることをお伝えください。PCからではなくスマホからご返信差し上げます。