« チャリティーイベント無事終了しました。 | トップページ | プチ・高野山カフェレポート後編 »

2015年3月21日 (土)

2015年春!プチ・高野山カフェレポート前編

毎年、8月の終わりから9月の頭にかけて行われる『高野山カフェ in 丸の内ハウス』。

去る3月15日(土)、その高野山カフェの春のミニバージョンである
『プチ・高野山カフェ in 高野山東京別院』に潜入してきました!

このイベントは今年で5回目。

毎年、告知から数時間で席が埋まってしまうほどの人気で、
今年は抽選になったそうです。
午前・午後の部、各50名ずつで、全100名さまの参加となりました。

2015年の今年は4月から「高野山開創1200年記念大法会」がはじまるということで、例年よりも力が入っています。人気のゆるきゃら、こうやくんもスタンバイです!

Dsc_4506
イベント会場の高野山東京別院の境内には、ミモザの花が咲いていました。
もうすぐ春ですね〜

Dsc_4510
こちらは阿字観が行われる本堂


<午前の部>

午前の部は10時から。
参加者は阿字観が行われる本堂に集合です。

Dsc_4478

最初に、お坊さんから高野山の概要の説明があり、
南海ツアーさんからは旅行の案内がありました。
高野山には興味があるけど、まだ足を運んだことがない、
という方が意外と多かったです。

そしていよいよ阿字観タイム。

Dsc_4487

阿字観マスター、川上修詮先生の登場です!
川上先生は、高野山本山でお坊さんに阿字観を教える立場の方で、
私の著書、『高野山に伝わるお月さまの瞑想法』の瞑想実践編も監修してくださいました。

師匠〜!!

川上先生は、高野山東京別院やご自身が住職をされている茅ヶ崎の千手院でも
阿字観指導をされています。一般の方に指導するようになって27年。
ご興味がある方はぜひ足を運んでみてくださいね!


この日、先生からはまず最初に、
「瞑想はやろうとしないでください。瞑想はやろうとすればするほど遠ざかります」
という説明がありました。


「え?」と思われた方もいるかもしれませんが、
真面目な日本人、どうしても「瞑想をやるぞー!」と力んでしまいがち。
肩の力を抜いて、リラックスしてトライしましょう。

瞑想は、自分の存在そのものも忘れるくらいの
まどろみの状態がちょうどいいです。
私の好きな仏像に、中宮寺の菩薩半跏像がありますが、
あの菩薩さまになったような感覚です。(逆に分かりづらい?)

20150321_183703
@中宮寺の菩薩半跏像

そして三礼(空海さんへのご挨拶+体のウオーミングアップ)の後に、
呼吸法、阿息観、阿字観という流れで終了しました。


阿字観が終わると、今度はみなさんが一番楽しみにしている?精進料理です。

Dsc_4493

精進料理弁当。竹から生まれたお茶「竹清水高野」付きです。

野菜や根菜類、海藻など繊維がたっぷり。

高野山の宿坊に泊まると、精進料理をいただくことができますが
私たちが思ってるほど質素ではありません。
宿坊ごとに少しづつ変わりますが、とても豪華なお料理をいただける場合もあります。

次は午後の部です。つづく。

« チャリティーイベント無事終了しました。 | トップページ | プチ・高野山カフェレポート後編 »

スピリチュアル」カテゴリの記事

取材日記・記事情報」カテゴリの記事

坐禅瞑想」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社・仏閣・パワースポット」カテゴリの記事

イベントなどの最新情報

  • Facebook

【Contact】各種イベントのエントリーやお仕事のご依頼等はこちら

  • ◎数日経っても返事が届かない場合は、入力したメールアドレスが間違っているか迷惑メールBOXに入っている可能性があります。ご確認ください。 ◎◎スマホや携帯からご連絡くださる場合⇒迷惑メール対策によるPCからの受信拒否を設定されている場合は、届かないことがあります。設定されている方は、設定されていることをお伝えください。PCからではなくスマホからご返信差し上げます。