自然

2015年5月14日 (木)

1名様キャンセルでました

5月31日(日)開催予定の第2回滝ヨガ瞑想会、
1名様のキャンセルが出ましたので、参加ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

下見の模様

前回告知したものを最Upしますので、ご参考になさってください。

======================

かなりの癒し&パワー充電のツアーになりそうです♪(永平寺、総持寺と並ぶ曹洞宗の名刹、最乗寺にも行きます!御朱印もカッコイイですよ!)

森の新鮮な空気を吸いながらの癒やしのヨガ。ヨガがはじめての方も大歓迎です。ビッグ富士山の絶景やマイナスイオンたっぷりの滝…ぜひ堪能してください。
私からはヨガと瞑想&仏教の関係性からパワスポトーク、お月さま瞑想レクチャーがあります。盛りだくさんの内容となっています。ぜひご参加くださいね。

◎日時:5月31日(日曜日)

◎時間:8時45分 小田急線・「新松田駅」南口集合  *アクセス良好!(東京方円の方は新宿から約75分、往復1,500円くらい) *現地での移動は全てシャトルバスの貸し切りです! 

10:00~11:00 ヨガ  「神奈川県立21世紀の森」で気持ちよく体と心をほぐし、たくさん深呼吸してリラックス。( 担当:インストラクターくるみさん) 
11:00~12:00 休憩トーク&瞑想  水分補給と休憩を兼ねて同敷地内の「「森林ふれあいセンター」へ移動。畳のお部屋で、ヨガと瞑想、仏教との関係性、自然やパワースポットと言われる神社仏閣での効果的な瞑想方法、最乗寺について詳しく説明、最後にお月さま瞑想をレクチャー!(担当:吉田明乎) 
12:15 ランチ  「ふれあい処茶屋ふじや」へ。湧き水で作ったうどんや蕎麦を食べられるお店にて食事。
13:15 夕日の滝  滝を愛でながら、滝の鑑賞ポイントを伝授。(担当:滝ガール坂崎絢子氏)  14:15 ビッグ富士山鑑賞  足柄岬で大迫力の富士山を! 
15:15 大雄山「最乗寺」  歴史ある山のパワースポットで、癒されましょう。  17:00 新松田駅着 解散

◎定員:18名様
◎料金:10,800円(税込み)
(ヨガ、吉田明乎によるトーク&坐禅瞑想レクチャー、滝ガール坂崎絢子氏の滝ガイド、パワースポット巡り、ランチ、シャトルバス貸し切り代込み)
*マイクロバスのレンタルなどもございますので、参加費は振込みにてお願い致します。 (お振込み先はご予約頂いた方に直接お知らせ致します)

◎持ち物・服装  温度調整がしやすく、動きやすい服装と靴でいらしてください。 ヨガマット(マットがなければバスタオルでも可) ・飲み物

 参加ご希望の方は、総合受付担当、くる美さんまでお願いします
 amrita.music.k☆gmail.com
※☆を@にしてください





2015年4月 6日 (月)

桜満開の千鳥ヶ淵

先週、所用のあとに満開の千鳥ヶ淵に行ってきました。

_sdi3426_2

「押すな、押すな」で駅からものすごい人出です。
平日の昼間なので、60代以上の方や外国人観光客が多い模様。

_sdi3428_2

千鳥ヶ淵と言えば、この風景ですよね。
両側から迫る桜と湖面に浮かぶボート…。

_sdi3435_2

…ですが、ボートも混雑しておりまして、ボートレースのようになっております…w
ボート乗り場も長打の列でした。

_sdi3440_2

桜とゆったり進むボート、この絵が撮りたかったんですよ〜。
なんとか撮影。

_sdi3445_2

湖面すれすれまで枝を伸ばす桜。美しいです。

お堀の桜を見たくて、下方面ばかり眺めていましたが
そういえば、緑道にも桜は植えてあるんだった。
思い出したように、顔を上げてみました。

_sdi3454

上品なピンク色。良い香りが辺り一面に漂っています。
桜は眺めるだけでなく、香りをかいでもリラックスしますよね。
深呼吸したくなります。

_sdi3463

こちらの木はフワフワしてます。桃かな?と思ったけど違うようです。

_sdi3465

「舞姫」という品種なんですね。知りませんでした。
かわいいですね〜。


当日はちょっと人酔いして疲れたけれど、
改めて写真を眺めると、満開の桜だけが脳裏に浮かびます。
都合のいい私の脳…w

千鳥ヶ淵は、もそろそろ葉桜になってしまいますが
新緑の季節も好き。緑が生き生きとしていてとても綺麗です♪


Photo by SIGMA DP2

2015年3月28日 (土)

2015年滝ヨガ瞑想パワスポツアー下見レポート

今年もやります!滝ヨガ瞑想パワスポツアー!

滝ヨガ瞑想パワスポツアーは、

Mtinstructorkurumiup
ヨガインストラクター/Kurumiさん

1004630_477031582384985_125305424_2
滝ガール/坂崎絢子さん


と私、吉田明乎のコラボレーション企画です。


昨年好評だった滝ヨガ瞑想パワスポツアー、第二回が決定しました!
今年は、5月31日(日)開催予定です。

※昨年の模様
http://kazenomichi.way-nifty.com/kaze/2014/08/post-884c.html

そんな訳で、先日さっそく、三人で下見に行ってきました。

最近、南足柄の魅力に取り憑かれた(?)滝ガールの坂崎絢子氏
足柄の隠れた癒しスポットを沢山知っているということで、
言われるがまま、南足柄へ。

まずはヨガをするのに適した、静かな平地を場所を探します。

Dsc_4630

神奈川県立21世紀の森へ。

森に囲まれた平地でとても静かな場所を発見〜!
「林間広場」というエリアです。ヨガはこの場所に決定しそう。

Dsc_4633

裏のトレッキングコースも偵察。
なだらかなトレッキングコースになっていました。

ヨガの後の瞑想会は、瞑想音楽を使用したいので、
同じ敷地内にある、「森林ふれあいセンター」の和室を拝見しました。

20150327_13910
@21世紀の森HPより

ここはいい!静かな和室になっていて、瞑想のときに使う座布団も完備。

ヨガの後、休憩と水分補給も兼ねて、ここ「森林ふれあいセンター」に移動しましょう。
ヨガと瞑想・座禅の関係性から、午後に参拝するパワスポ「最乗寺」の豆知識などをお話します。その後にリラックスする瞑想CDを流しながら、瞑想レクチャーをいたしますネ☆


Photo

※著書『高野山に伝わるお月さまの瞑想法』も持参しますので
もしご購入される方はその場でサインいたしますね。
(すでにお持ちの方も、当日お持ちいただければサインいたします)

お昼の食事処もいいお店を見つけました。
午後イチに行く滝、「夕日の滝」の近くの
「ふれあい処茶屋ふじや」さんです。

こじんまりした素朴な茶屋ですが、
夕日の滝そば、夕日の滝うどんなど、滝にちなんだメニュー名にそそられます!
湧き水で仕込んだ料理、期待できます♪

そしてお腹がいっぱいになったら、
滝でマイナスイオンを浴びに行きましょう。

Dsc_4673

直瀑でいながら、優雅な佇まいの滝。
写真は、上から滝ガールの坂崎さん、ヨガインストラクターくるみさん、そして私です。
三人で滝の前でポーズ!

動画で滝の臨場感をお楽しみください。

そして、「富士山の絶景を思う存分、楽しめるところがある!」
という坂崎さんのひと言で、我々は足利峠へ車を走らました。

Dsc_4645

おおおおおおーーーー!まったく遮るものがない!
富士山がドドーーーーンと迫ってくるようです。
この日はちょっとガスっていましたが、このような素晴らしい眺望。
当日、もっとはっきりと見えるといいですね!

Dsc_4654

足柄岬には、こんな平地も広がっています。
ここもツアーに入れよう♪
巨大な富士山のパワーを受けながら、富士山瞑想しましょうね!


最後は、天狗伝説が残る神秘のお山、大雄山の「最乗寺」
130ヘクタールという広大な敷地がある、曹洞宗の寺院です。
曹洞宗といえば、福井県の永平寺、横浜の総持寺が有名ですけれども
それに負けないくらいの名刹です。


ポオッポ〜!ポオッポ〜!
……
どこからともなく、ホラ貝の音が聞こえてきました。

Dsc_4590

耳を澄ますと、座禅堂からのようです。若い僧侶がホラ貝を吹いていました。
何の合図でしょうか。お坊さんステキ!萌える〜♪
もっと吹いて〜!(あ、違うか)


Dsc_4611

「ここ、凄いパワーだね」
と三人で顔を合わせた場所、結界門。
下界の邪気から神域を守る、強いパワーが集まっているようです。

Dsc_4620

青滝不動尊の下から、滝も流れているんですよ。

Dsc_4627

女性のお参りが絶えない「慧春尼堂(えしゅんにどう」。
お寺を開山した了庵慧明(りょうあんえみょう)禅師の妹、慧春尼さまの石像が安置されています。超美人の尼さんだったそうです。



最乗寺はとても広く、すべてご紹介できずに残念ですが
木々にすっぽりと囲まれた本当に癒される古刹です。

どのような心持ちで、どのように巡るとよりパワーをいただけるのか、
当日じっくりとお話しますね。


ではでは、レポートが長くなりましたが滝ヨガ瞑想パワスポツアーの詳細です。
↓↓↓

■日時:5月31日(日曜日)

■時間:8時45分 小田急線・「新松田駅」南口集合 
*アクセス良好!(東京方円の方は新宿から約75分、往復1,500円くらい)
*現地での移動は全てシャトルバスの貸し切りです!

10:00~11:00 ヨガ
 「神奈川県立21世紀の森」で気持ちよく体と心をほぐし、たくさん深呼吸してリラックス。( 担当:インストラクターくるみさん)

11:00~12:00 休憩トーク&瞑想
 水分補給と休憩を兼ねて同敷地内の「「森林ふれあいセンター」へ移動。畳のお部屋で、ヨガと瞑想、仏教との関係性、自然やパワースポットと言われる神社仏閣での効果的な瞑想方法、最乗寺について詳しく説明、最後にお月さま瞑想をレクチャー!(担当:吉田明乎)

12:15 ランチ
 「ふれあい処茶屋ふじや」へ。湧き水で作ったうどんや蕎麦を食べられるお店にて食事。

13:15 夕日の滝
 滝を愛でながら、滝の鑑賞ポイントを伝授。(担当:滝ガール坂崎絢子氏)

14:15 ビッグ富士山鑑賞
 足柄岬で大迫力の富士山を!

15:15 大雄山「最乗寺」
 歴史ある山のパワースポットで、癒されましょう。

17:00 新松田駅着 解散

■定員:18名様 
キャンセル2名様でましたので、よろしければお申し込みください

■料金:10,800円(税込み)
(ヨガ、吉田明乎によるトーク&坐禅瞑想レクチャー、滝ガール坂崎絢子氏の滝ガイド、パワースポット巡り、ランチ、シャトルバス貸し切り代込み)

*マイクロバスのレンタルなどもございますので、参加費は振込みにてお願い致します。  (お振込み先はご予約頂いた方に直接お知らせ致します)

■持ち物・服装
 温度調整がしやすく、動きやすい服装と靴でいらしてください。

・ヨガマット(マットがなければバスタオルでも可)
・飲み物   

■エントリー方法
 総合受付担当、くる美さんまでお願いします
 amrita.music.k☆gmail.com
※☆を@にしてください


 ご質問等は、お気軽に私の方へどうぞ♪
(blogの右横にあるメールフォームから、またはHPのメールフォームから)
 


では皆様とお会いできるのを楽しみにしております!




 

2015年1月 3日 (土)

御岩神社のつづき。スゴイ場所のゆえんが分かりました

御岩神社のつづきです。

手水舎で手を清めたら、いよいよ拝殿にお参り。

_sdi3208

おぉ…、葵の御紋です。
水戸徳川が手篤く保護した神社ですからね。

御岩神社の拝殿です。さすがに三が日。ずらっと並んでおりました。

ご祭神は
◎国常立尊(くにとこたちのみこと) =大地の守護神
◎大国主命(おおくにぬしのみこと)=いわゆる大黒さん。
◎伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)・伊邪那美尊(いざなみのみこと)=日本列島を作った夫婦神

と、その他二十二柱とのことです。

_sdi3196

拝殿の斜め右方向には、斎神社があります。
ご祭神は、
◎天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
◎高皇産霊神(たかむすびのかみ)
◎神皇産霊神(かみむすびのかみ)
◎八衢比古神(やちまたひこのかみ)
◎八衢比賣神(やちまたひめのかみ)

↑以上の神様をちょっと覚えておいてください。

何故なら、古事記の冒頭の部分にでてくる神様が多くて驚いたからです。
ほかの神社などではあまりお見かけしない神様たちで
天照大御神などと違って、名前を知らないなーという方も多いと思います。

分からない神様だとモヤモヤするという方のために、
ここで古事記のミニ講座を。

**

天地開闢(てんちかいびゃく)=<世界のはじまり>から話がスタートする古事記。

宇宙は天も地も、時間という概念もなく混沌としていましたが
やがて天と地に分かれたときに、ジャジャーン…!
突如として天から「天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」が出現しました。

その次に、二柱の神様がお生まれになります。
「高皇産霊神(たかむすびのかみ)」「神皇産霊神(かみむすびのかみ)」です。

この、天御中主神・高皇産霊神・神皇産霊神を
「造化三神(ぞうかさんしん)」と呼びます。

その後、ウマシアシカビヒコヂノカミと天之常立(あめのとこたち)の神が生まれます。

ここまでの五柱の神々は、「別天つ神(ことあまつかみ)」といって
神様界の神、特別な神様になります。

次に、国常立尊(くにとこたちのみこと)が生まれて、
地が永遠に揺らがないように、大地を守りました。
そして、豊雲野(とよくもの)・宇比地邇(うひぢに)・須比地邇(すひぢに)…
伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)・伊邪那美尊(いざなみのみこと)
7柱の神様が生まれてきました。

この7柱を、「神代七代(かみよななよ)」と呼びます。

そんな訳で、なんと御岩神社には
「造化三神(ぞうかさんしん)」と
「神代七代(かみよななよ)」の神々が祀られているのです!

神様界の頂点の神々ですからね。
御岩神社が、日本最大級のパワースポットと言われるゆえんが分かったような気がします。
(よく知られる天照大御神は、いざなぎさんといざなみさんの子供なので、出てくるのはもっと後なんです)

思いがけず、ビッグバン古事記の話になっちゃいました。

でも神社に行かれる方は、
お祀りされている神様を知っているのと知らないのでは
雲泥の差があるので、少しでも知っておいた方がいいでしょう。

**

話を戻します。

_sdi3184

本殿から奥は、実はトレッキングコースになっていて
その途中に、かびれ神宮や薩都神社中宮(さとじんじゃちゅうぐう) があります。

御岩神社は、この奥の境内(山)こそがパワーが強いと思いますが
今回は、陽も傾きはじめていたので、断念しました。
もう少しあたたかくなったら、トレッキングがてら挑戦したいと思います。
(急斜面もあるようなので、それなりの格好をしていった方がいいと思います)


R0001360

最後に御朱印ゲット!
お正月なので、社務所も混んでましたが
あたたかい甘酒を飲みながら、待つこと15分。いただいてよかったです。


以上、御岩神社レポートでした!

御岩神社
http://www.oiwajinja.jp/index.html


〜お知らせ〜
1月12日『新年の願いを叶える瞑想会と癒しのヨガ』@代官山お寺カフェ
やります!今年、自分はどんな年にしたいのか、
なりたい自分に近づくためのヴィジュアライゼーションを行います。
新年のお月さま瞑想で、夢に近づく体質になりましょう♪
ご興味のある方はぜひご参加ください。

2015年1月 2日 (金)

御岩神社。森の中に包まれる不思議な空間

お正月にお参りさせていただいた
御岩神社について書きたいと思います。

最近、神社やパワースポット好きの間で噂になっている御岩神社。
宇宙飛行士が宇宙から地球を眺めたとき、
1カ所だけものすごく光っているエリアがあって、
経度を調べてみたら、御岩神社がある場所だったという逸話がある神社です。

にわかに信じがたいお話ですが、
なんと188柱の神様が祀られていて、参拝者に聞くとみな口を揃えて「すごい神域だった!」と言います。地元にいたころは全く知らなかったんだよな〜。

そんな日本最大級のパワースポット、御岩神社。

調べてみると、茨城県日立市とな…!。eye

「帰省したら、絶対に行かなくちゃー」と思い、

さっそく、お正月に参拝してきました。

御岩神社は、霊山、御岩山の中に鎮座する、山岳信仰の神社であります。
創建の時期ははっきり分かっていないほど古い。

古事記や日本書紀と並ぶ、
日本最古の地方誌「常陸風土記」に記載されているのだそうです。

江戸時代になると、水戸藩が山形の出羽三山から勧請。
御岩大権現と呼ばれていました。
神仏混合の時代でしたので、その当時は
境内に、21の神社仏閣があったそうです。



御岩神社は、鳥居をくぐると森の中を歩いて本殿に向かうような感じになります。
森の中が境内なのです。

まず桜門の手前、右側で樹齢約600年のご神木が迎えてくれます。

県の天然記念物。
「三本杉」と呼ばれ、茨城県で唯一「森の巨人たち100選」にも選ばれています。

幹の周りは約8m、高さは約50m、地上3mあたりから三本に分かれています。

元日の参拝者は地元の方が多いからか、
意外と素通りする方が多かったのですが、
私はずっと眺めていたくて、少し足を止めて霊木さんの下で深呼吸…。

天狗様がいらっしゃるとも言われますが
私は観音様のようなやさしいオーラを感じました。
木の下で、ゆっくり瞑想するといいと思います。


*****************************
よい子のお願い
近年、「パワー充電!」なんて言って、ご神木に手でペタペタ触ったり、
抱きつく方(グループ)をお見受けしますが、これはNG行為です。
(なんと、ご神木の皮を剥いで持って帰る人までいるのだそうです)

ご神木は、お寺でいうとご本尊のようなもの。
何百人、何千人と言う人が触ることで、木肌がはげてツルツルになり、
根っこや土も踏みつけられて、樹齢何百年、何千年というご神木がぐったりと弱り、
困り果てている神社が全国のパワースポットで続出しています。

“ご神木”となった木は、ペタペタ人間に触れるのを嫌います。
触らなくても木の下にいるだけでパワーをくれているので、
どうぞそのような行為はしないでください。

そばで静かに瞑想してみたり、見上げて「気」のシャワーをあびてください。
*****************************


桜門を通り過ぎてしばらく森の中を歩くと
このような石仏を見つけることができます。

これは神仏習合時代の名残りです。
日本はもともと神道があり、6世紀に仏教が入ってきました。

神道と仏教は仲良く共存していたわけですが、
明治時代になって、明治政府が神仏分離令を出します。

神社とお寺を別けろと…。

で、そこから廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)が起こります。
廃仏毀釈とはひと言でいうと、「お寺や仏像を壊しちゃえ運動」です。
とんでもないですね…w

そんなわけで、このような石仏が残っているということは
とても貴重なわけです。